FREE SPACE
  • ここはご自由にお使いください。
CATEGORY
LINKS
SEARCH
light_108.gif entries

スポンサーサイト

-----, -- +

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ | スポンサー広告]

初恋の人から手紙が届きました

04-21, 2009 +

憂、ひさしぶり。

もうモテる女性を「下品な女」と罵るクセは治りましたか?毎日のように言っていた憂をなつかしく思います。

憂がおれに「別れないから大丈夫だよ」なんて言いながら徐々に連絡がとれなくなったあのころから、もう11年が経ったんだね。月日が流れるのは早いものです。

手紙を書いたのは、とくに用事があるわけではないんです。ただふと思い出して懐かしかったので、思いつくままに手紙に書こうと思って。ふふ。驚いたかな?

思い返してみると、いつも恋愛の主導権を握っているのは憂のほうでしたね。ときどき告白される憂に対し、女子と接点すらほとんどないおれ。憂がいつも「私たちは束縛とかしない自由なカップルでいよう」と言っていたのは、おれにとって、ほとんど「いつでも別れるぞ」という脅迫のようなものでした(苦笑)。今でもその場面が夢に出てうなされます。

そういえば憂にとって初恋の相手がおれだったのかな?最初のころの憂は、なんだかプライドだけは高いわりに、緊張気味だったような気がします。そろそろ男慣れしたころでしょうか?

付き合い始めのころは、勢い余って、憂が「いつか結婚してもいいけど」とか言っていましたね。言い方は素直ではなかったけれど、その気持ちは嬉しく思ったものです。後先考えずにそういうことが言えてしまうところも憂らしいですね。

恋愛を総括して言えば、きっとおれは憂と付き合うことができてよかったのだと思います。いつもどこかにいってしまいそうな憂と付き合って、最終的には自分との戦いだということを学びました。

いろいろ書いたけど、おれは憂のことがそれでも好きでした。これからも憂らしくいられるよう、それと、そろそろゴキブリを素手で殺すのはやめて(笑)、幸せをふりまいてください。

またいつか会いましょう。では。

P.S. 憂が誕生日にくれた日本人形、だいぶ髪が伸びました。

―――――――――――
感想

初っ端から酷い言われようww
内容的には当たらずとも遠からずな気がして何だかモヤモヤするのは何故だろう……。
ゴキは素手で殺したりはしませんけどwww
スポンサーサイト

[ comments (0)| trackbacks (0) | 日常]

憂さんの恋人からお手紙が届きました。

04-20, 2009 +

今日で付き合ってちょうど1年だね。
節目だし、最近はろくに話し合えたりもしていないから、今日ぐらいは真面目に
思ったことを伝えるよ。

とはいえ、何から書こうかな…。憂の水着が肌色なことについて?(笑)
まぁ記念日にわざわざ書くようなことじゃないな。話を変えよう。

この前、結構激しい喧嘩になったよね…。会話の流れで、憂が「好きな人できた
ら別れていいからね」って言ったんだよな、おれに。それでおれが怒った。
憂は、別れても自由が手に入るし、おれの代わりもたくさんいるって思ってるよ
ね。憂は何気にモテるし。その余裕というか突き放したところが、おれからする
とイラっとするんだと思う。おれのことはどうでもよさそうというか…。

憂ってさ、単に自由人で何も考えていないのか、おれから逃げようとしてるのか
、いまいち掴めないよね。楽しそうに生きてるけど、おれがいるかいないかはあ
まり関係がない気がする。…とかうじうじ言ってるから面倒くさいのか。
冷たい感じはしないし、憂って男からすると人気があるのは分かるんだよね。で
もいざ付き合ってみると、雲みたいにフワフワとしていて、いつ消えてしまって
もおかしくないとも思う。今は、付き合っている感じがしなくて、遠い。

…って内容が暗くなってきた…。
記念日ぐらい前向きなことを書かなきゃな。

ここまでの内容は悪意に満ちているみたいに思うかもだけど、おれは憂には感謝
しているんだ、これでもね。
憂が単に明るくて面白いだけでなく、愛情を持って純粋におれのことを見ていて
くれたから、それが知らないうちに支えになってた。ときに数年来の親友のよう
に、充実した時間を過ごして来られたと思う。

憂が言っていた「いつか別れることがあったら本当に悲しいけど、大失恋できる
ぐらいの大恋愛を目指そう」っていうセリフをおれは今でもしっかり心に刻んで
いるから、おれも初心を忘れずに積極的に憂と絆を強めていきたいと思う。憂の
決意が今もそのままだと嬉しいんだけどね。

これからもすれ違いとかあると思うけど、この一年間のように、理解を深めて乗
り越えていこう。あ、それと「キスしたくなる飴」とか買ってくるのやめてくれ
(苦笑)。

では、これからも末永くよろしく。憂がいてくれてよかったよ。ありがとう。

P.S.そろそろスッピンを見せてくれ。



占い→http://tegami.hanihoh.com/


-------------------------------------
いろいろ突っ込み所が満載なんですがww
流行りにならってやってみたら……案外楽しいものですね。

初恋の人の手紙もやってみたので夜にでも。。。
こっちのが突っ込み所満載すぎてどうしたらいいのかわからないwww

ってか水着、肌色ではないにしろオレンジだがらビビッた。お前、何故知っているww
一年も素ッぴん見せてないとか、ありえそうで怖いんですがww
最近は一泊ぐらいならメイク落とさず寝てるしなぁ(メイク道具持参してない時ですよ)(翌々日は大変なことになってますが)

キスしたくなる飴、……実際にもやりそうで怖いww
其の手のグッズとか相手に送り付けそうで怖いww

とりあえず、楽しませてくれてありがとう。



ちなみに体の中身を見る占いみたいなやつで、
末期・妄想激しすぎとでました。
いろんな意味で見透かされております。

[ comments (0)| trackbacks (0) | 日常]

想像妊娠しそうだった

04-12, 2009 +

友人ペコからメールがきました。

「憂ちゃん、ギンちゃんの声優さんのチュパCDはどうだった?」

そして私はこう返信しました。

「妊娠した」

すぐさま即レスというスピードで返ってきたメールが……

「是非、貸してくれ!!!」



ペコを洗脳することに成功しました。
余談に「また新しいりぼーんのえろ本買ったから遊びにきてよ」とお誘いの言葉もあり、次回は酒池肉林なパーチーが期待できそうなので、今から新しいぱんつを買いに行って気合いを入れてこようと思います(……)

そんなペコから土曜朝10時半前にまたーにこういうメールがきます。

「今日はお休みだから実況メールできるよ」

月一であるかないかのメールですが、運よく私の予定がない場合はTV前に携帯片手にスタンバイ。

「キターーー!!」
「召されなっ!ぶはぁっ」
「お前がな。どぉん!スーツγえろすぎ。たまらん!」
「今日もスパナは素敵だわ」
「スパナが優しくいれてくれるんですね、ぐふふ」
「今週は白蘭とγのお色気合戦でした」
「大変ごちそうさまでした。じゅるり」

全くかみ合わない感想だけの言葉が飛び交って30分後終了。
しかも、この後の会話メールなしという摩訶不思議なやり取りが行われる。
言いたいことしか言ってない自己チューもいい所なやり取りが物凄く楽しい、見なきゃ!でもメールしなきゃ!という動作でいつもよりガン見気味で観賞するから興奮する(え)
仲間がいるっていいよね……!これは切実な思いだ。
最近、萌えを共感してくれる友達が増えて本当に嬉しい。
嬉しすぎてどうしたらいいのか分からない(笑)
最後に実況メールしたのは2月。あぁ、早くお休みが重ならないかなぁ。


そんな私、ここしばらく『ネタは浮かぶも文章にできずにムラムラ』という知恵熱ならぬ“指熱”(勝手に命名。携帯片手に指が悶々してるので指熱)気味。
ブリチもギアスもヒカ碁も全部同時進行でネタが浮かんでいるのに打ち込めず、頭はパンク状態。
はぁ泣きたい。ついに友人・綺(あや)に縋ってしまった。
「助けてーー」「どうしたのー?!」「指熱だぁ~」「何、指熱って何?!」「意欲掻き立てて~」「じゃあカラオケ行って萌トークしよー」
そんな綺が逆に風邪でぶっ倒れてしまい……あわわ完治したらカラオケ付き合ってね(><)
お大事にーー!!

[ comments (0)| trackbacks (0) | 日常]

| main |
<< / >>
ENTRIES
ARCHIVES
COMMENTS
TRACKBACK
PROFILE

朝日 憂

  • Author: 朝日 憂
  • (読み:あさひ うい)

    携帯マニアで大のハムスターとうさぎ好きの基本雑食系WJ(主に笛)創作腐女子。
    友達と騒ぐのも大好きですが、一人で遊ぶのも大好きです。


    梅酒にハマり、焼き鳥を食べては飲んでます。
    既に梅酒を見るだけでニヤけてしまう程です(´ω`)

    ペットのレオン(兎♂)には毎日発情されっぱなし。
    腰ふりダンスは日常茶飯事。

    年は老いても、占いでは「いつでも人生青春まっしぐら」


    cmanで作成しました



  • RSS
Powered by FC2 BLOG


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。